針灸に関する用語の解説

針灸治療に関する用語集

【 お灸は熱くない?お灸にはどんな効果がありますか? 】

初めて針灸治療を受けられる方にご質問いただく
ことが多いですが、お灸の施術では心地の良い温かさ
を感じていただけると思います。

お灸とはツボや症状のあるところにヨモギから作った
もぐさを使い、燃やします。
その温熱効果で体のお悩みにアプローチする施術です。

 
お灸の効能というと、

・消炎作用(関節炎・腱鞘炎などの炎症を抑える)
・疲労回復
・冷えの軽減
・内臓機能の調整
・婦人科疾患
・逆子
・麻痺や痺れの改善

などが挙げられ、温熱効果による
細胞や巡りの活性などお悩みの患部の
機能活性が見込めます。

 

また、お灸の熱さですが、直接灸と言われる肌に直に乗せる
お灸ですと熱源が近い
ので熱く感じやすいですが、間接灸と
いわれる台座の上に
もぐさが乗っていて直に熱源が触れないお灸は、
それほど
熱く感じません。
むしろ心地よい温かさが感じられるはずです。

 (台座灸)

弊院でのお灸の施術は間接灸を採用していますので、
直接火に触れず、火傷の心配がない安心感からか、
皆様にお灸の心地よい温かさでリラックスしていただいて
おります。

 (箱灸)

 

お灸の熱エネルギーには、鍼や他の施術にはない
細胞を元気にさせる素晴らしい効果があります。
体を温める、冷やさないことは、体にとって
多くのメリットをもたらします。

ご安心してお灸の施術を受けてくださればと思います。