針灸に関する用語の解説

針灸治療に関する用語集

【 針治療をするとクセになるというのは本当? 】

何をもってクセになると考えるかですが、まず不快になる、薬物的な常用性のある害や副作用はありません

ただ、体に針で刺激(侵害刺激)を加えるということは、体の防御機構を活性化させます。

そうすると、いわゆる脳内麻薬と呼ばれる内因性オピオイドが脳内で放出されます。この内因性オピオイドというのは、

β-エンドルフィンやアドレナリンといった鎮痛物質のことを指します。

特に、脳内麻薬であるβ-エンドルフィンの鎮痛効果はモルヒネの数倍と言われており、同時に多幸感をともないます。

ですので理論上、薬物のような効果が得られるという人もいます。また、体を酷使するアスリートや格闘家は

日々ハードなトレーニングを積んでいるため日常的にβ-エンドルフィンなどのエンドルフィンが一般人よりも出ていると

いわれています。

弊院には、鍼治療の鎮痛効果による痛みや不調やストレスからの開放感を好んで定期的に治療にお越しになる方はいらっしゃいます。

ですが、鍼灸治療によってクセになるような常用性の害や副作用は決してありません