針灸に関する用語の解説

針灸治療に関する用語集

【 はり・きゅうの作用 】

たまに「はりってなぜ効くの?」というご質問を受けます。
そんな時私は、「流れや巡りが改善されるから」
お答えしています。

 
教科書的には、生体の組織・器官の機能の異常を調整し、
本来の生理的な状態に回復させる作用という感じに
なります。

このような生理的な状態(健康な状態)に戻す為の作用を
さらに細かく分けると。。。

調整作用・・・組織や器官に一定の刺激を与えてその機能を
調整する作用

興奮作用・・・知覚の鈍麻、消失あるいは運動麻痺のような
神経機能の減弱および内臓諸器官の機能減退
に対して、興奮させる作用

鎮静作用・・・疼痛や痙攣のように異常に機能が興奮している
疾患に対して、鎮静させる作用

誘導作用・・・患部に直接刺鍼・施灸するか、または遠隔部に
刺鍼・施灸して、その部の血管に影響を及ぼし、
充血を起こし、患部の血量を調整する作用

鎮痛作用・・・内因性モルヒネ様物質あるいは下行性抑制
などの機序による鎮痛作用の発現

防衛作用・・・白血球や大貪食細胞などを増加させて、
各種疾患の治癒機能を促進させ、
生体の防御能力を高める作用

免疫作用・・・T細胞やNK細胞の移行の促進などにより、
免疫能力を高める作用

消炎作用・・・施術により白血球は増加し施術部位に
遊走する。また、血流改善により病的滲出物
などの吸収を促進させ、生体の防御能力を
高める作用

転調作用・・・自律神経失調症やアレルギー体質などを
改善して、体質を強壮にする作用

反射作用・・・痛み刺激あるいは温熱刺激による反射機転を
介して、組織・臓器の機能を鼓舞あるいは
抑制する作用

などがあると考えられています。

そして、灸に関しては、血液像(赤血球、血色素量など)・
血液凝固時間の短縮、あるいは循環系に作用すると
考えられていますので、、、

増血作用・・・赤血球を増やし、血流を良くする

止血作用・・・血小板の働きを良くし、治癒の促進を促す

強心作用・・・心収縮力を強くする

このような作用があります。

<文献>教科書執筆委員会著
「はり・きゅう理論」社団法人東洋療法学校協会編 神奈川 医道の日本社 2004

汗をかけない、便秘、むくみ、などなど循環できずに
いらないものが溜まると健康的なイメージが湧かないですね?

逆に過度な運動や内臓機能の低下から、摂り入れておきたい
食事からの栄養や適切な水分を出し過ぎても健康には
なれそうにないですよね?

 
このような体の巡りの滞りや巡る力の低下 が
病気の第一歩
、健康の妨げになります。

通常このようなバランスは自律神経がうまくバランスを
とっているのですが、様々な要因からアンバランスを生み、
体調不良へと傾いてしまうことがあります。

はりきゅうによるアプローチは、傾きかけた体のバランスを
元の健康な状態へと回帰させることが可能です。