針灸に関する用語の解説

針灸治療に関する用語集

【 美容鍼灸 】

美容鍼灸とは、美容を目的とした全身に行う鍼灸治療全般のこと。

全身の鍼治療をおこなう美容鍼灸と区別し、直接顔面部のみへの鍼治療をする場合には美顔鍼(びがんばり)と呼ぶこともある。

弊院では、お体の治療を基本として、美容に特化した2種類の美容コースのオプションをご用意して

おります。(お顔のみの施術は致しておりません)

お体の治療で体調を整え、顔面部の施術においては適切な部位に刺鍼をすることにより、顔面皮膚組織の代謝亢進や

血流改善、筋肉の弛緩を促すことで、ハリが無くなった真皮層を刺激してコラーゲンの産生を促します。

さらにストレスや疲労、加齢によって凝り固まってしまった表情筋がほぐれ、スッキリ引き締まりながらも肌は柔らかになります。

また、血液が改善し、代謝が促されるので老廃物を捨てやすく、栄養を得やすいお肌になります。

そして、意外に知られていないのが美容鍼を受けることで、脳の活性化やホルモンバランスが整ってゆきます。

お顔の場所により針を少し深く入れる場所もありますが、髪の毛ほどの細さの鍼を使用するので、蚊に刺されたときのように

チクッとすることもありますが、何も感じない場所もあります。個人差はありますが、痛みを感じる方のほうが少ないです。