針灸に関する用語の解説

針灸治療に関する用語集

【 東洋医学 】

広義には、東洋諸地域でおこり、発展した医学を総称するが、現在、日本で常識化している東洋医学の概念は、

古代中国でおこり、発展し、日本に伝えられ、日本の風土のなかで発展した医学(漢方医学)の総称です。

必ずしも鍼灸や漢方薬を使うのではなく、自然科学に基づいて、人体を宇宙の一部として捉え、環境からの影響にも

対応できるような人体作りを考える治療法を行うものです。病気になりにくい体質を作る未病の医学とも言えます。

また、日本や中国の経験医学だけでなく、正確にはチベット医学やインド医学のアーユルベーダなども含む医学を総称した

言葉です。

なお日本で「漢方」とよばれるのは、明治の初めに西洋から入った「洋方」に対しての用語であるとともに、漢の時代に、

北の鍼灸と南の漢薬治療の理論が総合され、体系化されたためとされています。