針灸に関する用語の解説

針灸治療に関する用語集

【 感想2 】

私の場合は5年前位から生理不順が始まりました。

全く来ない月が何ヶ月に1回かありましたが、『まぁ、疲れてるんだな。』程度にしか思ってませんでした。

それが段々と、3ヶ月来ない。冬は来ない。と悪化 して行き、危機を感じて病院へ行ったところ、ホルモン剤を勧められました。

これは飲み始めたら一生という薬らしく、どうしても飲む事に抵抗を感じていまし た。

病院での検査の結果、甲状腺の機能低下から来る全身の不調という事でした。

そんな時に、出会ったのが富士針灸院です。

私の現状を詳しく聞いて下さり、不安で一杯の私に、まずは丁寧に鍼灸治療の内容を説明して下さりました。

私の場 合、基本は婦人科系治療なのですが、毎回、鍼灸治療の前には今の体調を問診して頂き、胃腸、肩こり、目の疲れ、肌荒れなども治療して頂いています。

お陰様 で、全く来なかった生理が無事に冬でも来る様になりました!!

ホルモン剤を勧められた時は、正直、頭が真っ白でした。

今、こうやって薬に頼らずに生理が来 ている事を、とても嬉しく思うのと同時に、先生に尊敬と感謝の気持で一杯です。

まだまだ、油断大敵な身体の為、通う事となりますが、落ち着いたら、治療の 回数も減るそうです。

鍼灸ってどうなんだろう?と初め不安だと思いますが、一度試されてみてはいかがかと思います。